あなたの輪郭にはこれ!おすすめウィッグとアレンジ法

ウィッグがオシャレの手段として定着する中、ウィッグで自分のコンプレックスを解消し、もっと魅力的な自分になりたいもの。でもいったいどのようなウィッグを選べばいいのかわからない、といった人も多いことでしょう。そこで顔の輪郭タイプ別におすすめウィッグとそのアレンジ方法をご紹介します。

PICK UP

そして少し高度なテクニックですが、人毛のウィッグはパーマをかける事も可能である為に市販のパーマ液やロッドを使用してパーマヘアに加工する事も可能です。この場合求めるウエーブの計算が難しく薬の放置時間によっても仕上がりが左右される為に綺麗に仕上げるのは至難の技でもありますが、手持ちのウィッグにパーマをかけたいと言う場合には一度美容師さんにコツを聞いてからチャレンジしてみると良いでしょう。

輪郭のどこを隠し、どこを強調するか決めよう!

ウィッグ選びやアレンジ決めの際は、自分の輪郭のどこを隠し、どこを強調するかを意識すると選びやすくなります。たとえば、四角顔、丸顔の人は、顔の横幅が気になるもの。サイドを隠せるロングタイプのウィッグがおすすめです。

前髪を作ってしまうと顔の横幅が強調されてしまうので、センターパートやサイドパートのものがおすすめ。ポニーテールやお団子をする際にはサイドに毛束を残したアレンジをすることで小顔効果も期待できます。面長の人は、前髪のあるウィッグがおすすめです。前髪があることで顔の下半分に視線を集めることができ、縦の長さを誤魔化せます。さらに低い位置でのハーフアップなど、顔の横幅を意識したアレンジを加えることで面長の輪郭が気にならなくなります。

たまご型の人は、基本的にどのようなタイプのウィッグも似合います。いつものヘアスタイルとは全く違うスタイルに挑戦してみたり、あこがれの芸能人のヘアスタイルを真似てみたりするのもおすすめです。

どのような輪郭の方も、隠すところは隠し、強調するところは強調することでもっと魅力的な自分に変わることができます。ウィッグとヘアアレンジを工夫して、理想の自分を手に入れてしましましょう!

Features

ファッションウィッグ

見た目を重視したファッションウィッグとは言っても、医療用ウィッグのような人工頭皮は使われていません。

Read more

ウィッグの装着で一番多い悩み

ウィッグの装着で一番多い悩みが、ネットのズレやウィッグのナカでネットが丸まってしまう事です。

Read more

ストレートタイプを取り付けるとクールな印象

ストレートタイプを取り付けるとクールな印象に、パーマタイプはボリュームが出て可愛らしい印象に変身できるでしょう。

Read more

前髪のあるウィッグがおすすめ

前髪があることで顔の下半分に視線を集めることができ、縦の長さを誤魔化せます。

Read more

人毛のウィッグはパーマをかける事も可能

求めるウエーブの計算が難しく薬の放置時間によっても仕上がりが左右される為に綺麗に仕上げるのは至難の技でもあります。

Read more

浴衣や着物は着付けに時間がかかる

なるべくヘアセットには時間をかけたくないもの。どちらのウイッグもワンタッチで大人可愛い髪形が完成するという点も魅力的

Read more